見る・遊ぶ

水道橋「庭のホテル 東京」で「秋の夜長の読書プラン」今年も 文春文庫が協力

「仕事に効くおすすめの5冊」

「仕事に効くおすすめの5冊」

  •  
  •  

 水道橋「庭のホテル 東京」(千代田区三崎町1、TEL 03-3293-0028)が現在、「秋の夜長の読書プラン」を販売している。

 「本の街 神保町」に近いホテルならではの読書の秋にちなんだ特別宿泊プランとして毎年販売。客はチェックインの際に、お薦め5冊の中から好きな1冊を選び、秋の夜長にじっくり読書を楽しむことができるという。

[広告]

 今年も文春文庫の担当者が協力し、ホテルのフロントスタッフ全員で話題の作家や作品の中から「仕事に効くおすすめの5冊」を選んだ。

 お薦めの5冊は、「この社会で戦う君に『知の世界地図』をあげよう」(池上彰教授の東工大講義 世界編)、「生命の未来を変えた男 山中伸弥・ips細胞革命」(NHKスペシャル取材班編著)、「コンビニ人間」(村田沙耶香)、「姫椿」(浅田次郎)、「その女アレックス」(ピエール・ルメートル)。

 特典として、フロントスタッフ手作りの水引しおりを進呈。プランの朝食には、グリル&バー「流(りゅう)」の和洋食ブッフェが付く。近県の契約農家から直送される野菜やハーブのサラダバーや、焼きたてのバゲットやクロワッサン、オーダーに合わせて調理する卵料理などを楽しめるという。

 販売期間は10月1日~11月30日。料金は1万6,200円~。

  • はてなブックマークに追加