暮らす・働く

御茶ノ水にトヨタグループやベンチャー企業の交流拠点 トヨタ社宅をリノベ

シェアオフィス(イメージ)

シェアオフィス(イメージ)

  •  
  •  

 オフィスビル「AXLE(アクスル) 御茶ノ水」(千代田区神田小川町3)が2020年4月、オープンする。

エントランスバー・コワーキングスペース

 トヨタ自動車系列の東和不動産(名古屋市)が計画を進める同施設。トヨタグループなどの大企業とベンチャー企業が交流し、イノベーションを起こすことを目的とした施設を目指す。

[広告]

 築52年のトヨタの寮・社宅をリノベーションし、用途を変えて利活用する。「アクスル」は自動車などの車輪を結ぶ車軸や心棒を意味し、「施設が軸となり、プロジェクトを生み出すサイクルが常に回り続ける」という思いを込めたという。

 3階~6階はオフィスで、約15区画(5坪~200坪)。2階はプロジェクトルーム(12室)と、コワーキングスペース(自由席50席)、イベントスペースなどで、地下1階はシェアオフィス(固定72席)。

 5月にリノベーション工事を始め、10月にテナント募集開始、公式サイト開設予定。11月にはモデルルームを設ける予定。

  • はてなブックマークに追加