食べる

神田の大学跡地で「大江戸ビール祭り」 クラフトビール200種超販売

「大江戸ビール祭り」過去開催時の様子

「大江戸ビール祭り」過去開催時の様子

  •  
  •  

 東京電機大学旧校舎跡地(千代田区神田錦町2)で現在、「大江戸ビール祭り2016秋」が行われている。

「大江戸ビール祭り」過去開催時の様子

 敷地面積約8000平方メートルの東京電機大学旧校舎跡地を利用し、入場無料で国内外のクラフトビール200種類以上を300円から販売し、ビールに合うフードも販売する同イベント。さまざまなクラフトビールイベントを開催している「東京クラフトビールマニア」(中央区)が主催する。

[広告]

 10月19日~23日を「シーズン1」、同26日~30日を「シーズン2」と分け、2会期で日本国内やアメリカ・ドイツ・ベルギーなどのインポート会社が50社以上出展。さまざまな銘柄のビールが飲めるほか、店のスタッフから直接ビールに関する話が聞けるのが特徴だという。

 シーズン1のテーマは「クラフトビール×ギョーザ」で、「たれ屋のクロワッサン餃子」(香川)などのギョーザ店が複数出店。シーズン2は1よりもクラフトビールの店が多いという。

 開催時間は、シーズン1=11時~22時(23日は20時まで)、シーズン2=13時~22時(26日は16時~、29日は10時~、30日は10時~20時)。入場無料。

  • はてなブックマークに追加