食べる

神田小川町にどら焼き専門店「嘉祥庵」が移転 どら焼きの皮なども

「嘉祥どら焼き」

「嘉祥どら焼き」

  •  

 神田小川町の駿河台下交差点に7月7日、どら焼き専門店「嘉祥庵(かしょうあん)」(千代田区神田小川町3、TEL 03-3518-9876)がオープンした。

一粒栗のどら焼き

 御茶ノ水に2014年に開店し、今回移転オープンした同店。「嘉祥どら焼き」など7種類のどら焼きや、季節のどら焼き、「皮だけ」も販売する。

[広告]

 同店のどら焼きは、自社製工場で作り、糖度52度と程よい甘さでしっとりになるよう仕上げた粒あんと、れんげ蜂蜜と卵をふんだんに使い、毎日焼きたての皮で作る。当日製造にこだわり、売り切れ次第その日は販売終了となる。

 商品は、「嘉祥どら焼き」「こしあん」「白粒あん(大手亡豆)」「黒胡麻あん」「鳴門金時芋あん」「チョコレートクリーム」(以上220円)、「一粒栗入り」(240円)、「皮だけ」(120円)。

 どら焼きの皮から作る数量限定のチョコラスク(540円)、「吉兆だるま最中」(200円)、国産イチゴを使う「苺大福」(240円~)も販売。うぐいす餅、桜餅、柏餅、草餅、水ようかん、栗蒸しようかんなど季節の和菓子も用意する。

 営業時間は9時~20時(日曜・祝日は10時~18時)。