見る・遊ぶ

米沢嘉博記念図書館で「現代マンガ図書館資料から生まれた書籍たち展」

米沢嘉博記念図書館

米沢嘉博記念図書館

  • 12

  •  

 米沢嘉博記念図書館(千代田区神田猿楽町1)で現在、企画展「現代マンガ図書館資料から生まれた書籍たち展」が行われている。

企画展ポスター

[広告]

 明治大学「現代マンガ図書館」が3月19日に、新宿区早稲田から駿河台キャンパス(千代田区神田猿楽町1)へ移転リニューアルしたことを記念し行う同企画。「現代マンガ図書館」所蔵の資料を使って作られた書籍と、その誕生に役立った資料を紹介する。

 展示しているのは、清水勲 内記稔夫 秋田孝宏 吉村和真「マンガの教科書」、手塚治虫「新宝島」、大友克洋「ショート・ピース」、つげ義春「限定版 つげ義春選集」第7巻、芳崎せいむ「金魚屋古書店出納帳」第1巻など(以上敬称略)。

 開館時間は、月曜・金曜=14時~20時、土曜・日曜・祝日=12時~18時。火曜・水曜・木曜と4月29日、5月4日・5日は休館。観覧無料。5月30日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース