食べる

神田須田町にカレー店「プラック」-格闘ゲームのオタク店主が開く

ジョジョ立ちで撮影に応じる店主の道上さん。店名は「ジョジョの奇妙な冒険」のワンシーンから名付けたという

ジョジョ立ちで撮影に応じる店主の道上さん。店名は「ジョジョの奇妙な冒険」のワンシーンから名付けたという

  • 0

  •  

神田須田町にカレー店「カレースタンド PLUCK」(千代田区神田須田町2)がオープンして2カ月が過ぎた。

プチサイズのカレー3種類にサラダ、ソフトドリンクが付いた「プラックセット」(850円)

 インドレストラン「シターラ」、インドカレー専門店「エリックカレー」で経験を積んだ道上英俊さんが開いた同店。インドカレー、和風カレー、タイカレーなど、さまざまなジャンルのカレーを提供。「カレーを食べて代謝をよくし、体の内側から健康になってほしい」とカレーのスパイスは20種以上を使う。

[広告]

 店舗面積は約40平方メートル、席数は14席。道上さんが格闘ゲームなどのゲームオタクということで秋葉原のゲームセンターに近い立地を選び、オープン後はゲームセンターからの来店客も多いという。店内には、道上さんが好きな漫画「ジョジョの奇妙な冒険」や、ゲーム「ペルソナシリーズ」などのグッズ、道上さんがカレーを作り始めたきっかけのカレー漫画「華麗なる食卓」などが並ぶ。

 カレーのルーは、長時間炒めた玉ネギの甘みとスパイスの辛味と香りが特徴の「PLUCKチキンカレー」、ココナツと青唐辛子、豆乳を使うことでヘルシーですっきりとした辛さを演出した「タイ風グリーンカレー」、ブラックペッパーの辛味とフェンネルの爽やかさを合わせた「辛口チキンカレー」、「ポーククルマカレー」「南インド風野菜カレー」「ナスとひき肉のカレー」。

 週ごとに変わるスペシャルカレーも提供。「毎日食べても飽きないカレーをコンセプトにしている。ルーは種類によってベースがかなり違うので、いろいろな味が楽しめる」と道上さん。

 カレーのセットはカレー1種類の「シングルセット」(650円)、ハーフサイズのカレー2種類の「ツインセット」(750円)、「トリプル」(850円)、「メガ盛り」(900円)など。全品テークアウトに対応し、ランチタイムにはテークアウトのみの「ランチボックス」(500円)も販売する。

 土曜・日曜・祝日限定でレンタルスペースとして場所の提供も行っており、料金は人数に関係なく1時間2,000円。「秋葉原に近いのでゲーム目的や、集会場として使ったりしていただければ。ディスプレーやゲーム機器なども置いている」と道上さん。

 営業時間は、ランチ=11時~15時、ディナー=17時30分~22時(ディナーは月曜・水曜・金曜のみ)。第1・第3土曜はランチのみ営業。第2・第4土曜、日曜、祝日定休。