食べる

神保町に鶏白湯ラーメン店「 初代 風見鶏 」-スープは濃厚とあっさり2種

店長の船生さん

店長の船生さん

  •  
  •  

 神田神保町に12月3日、鶏白湯ラーメン店「初代 風見鶏」(千代田区神田神保町1)がオープンした。店舗面積は約33平方メール、席数は10席。

「味玉濃厚鶏白湯そば」(830円)

 青森の地場産鳥の鶏ガラをローストし煮込むことで「うまみを残したまま鶏の臭みがないスープに仕上げた」と店長の船生直人さん。メーンで提供している「濃厚鶏白湯そば」(730円)は、「ドロドロ系の濃厚ではなく、鶏のうまみの濃厚スープ」という。

[広告]

 ラーメンの具には水菜、ネギ、メンマ、ユズの粉末を使い、鶏のもも肉とむね肉を真空調理法で調理したチャーシューを載せる。濁りなしの透き通ったスープが特徴の「あっさり鶏そば」(680円)、「濃厚鶏白湯つけそば」(780円)なども提供。

 「中がトロトロになるよう調整して提供している」という味玉(100円)や、モヤシと水菜をたれであえた「野菜盛り」(150円)などのトッピングも用意。「鶏そぼろご飯」「卵かけご飯」(以上200円)などのサイドメニューも提供する。

 営業時間は11時~22時。日曜定休。12月29日~1月3日は休み。

  • はてなブックマークに追加