見る・遊ぶ 買う

九段下・科学技術館でTシャツ販売イベント-マニア芸人のステージも

当日ステージの司会を担当するMC芸人・プチ鹿島さんと同実行委員会委員長のMUNEさん(右)

当日ステージの司会を担当するMC芸人・プチ鹿島さんと同実行委員会委員長のMUNEさん(右)

  • 0

  •  

 オリジナルTシャツを展示販売するイベント「Tシャツ・ラブ・サミット」(通称=ラブサミ)が7月23日・24日、科学技術館(千代田区北の丸公園2)で開催される。併せて、芸人へのおひねりシステムを採用したステージ「お笑いサバイバーシリーズ」や、トークショー、「似顔絵(苦汚絵)」コーナーも行われる。

 「他のお笑いステージとはちょっと違って、観客からの『おひねり』でランキングやギャラが決まる。お客さんにおもしろいと思ってもらえたらギャラも上がるシステムなので、芸人さんもみんな気合を入れて参加してくれる」と話すのは、同イベントの司会を務めるMC芸人のプチ鹿島さん。おひねりタイム時は特に会場も盛り上がるという。

[広告]

 そのほか、映画プロデューサーの叶井俊太郎さん、映画監督の松江哲明さんの童貞・モテ男対談や、漫画家やイラストレーターが1枚500円で似顔絵(苦汚絵)を描くコーナーも展開。「海猿」「ブラックジャックによろしく」の漫画家・佐藤秀峰さん、「つるピカハゲ丸」の漫画家・のむらしんぼさんなども参加を予定する。「ツイッターやミクシィのアイコンに利用するのもいいのでは?」とラブサミ実行委員会委員長のMUNEさん。

 出演予定は、23日=「ウーウェイ」「飯塚俊太郎」「大本営八俵」「虹の黄昏」「ハリウッドザコシショウ」「ウメ」「見た目が邦彦」「へらちょんぺ」「ラヴドライブ」「超新塾」「長州小力」「どぶろっく」「かつおぶし!」、24日=「鳥肌実」「ガッポリ建設」「アンドレ、嗚呼!しらき」「夜ふかしの会」「じゅんいちダビッドソン」「三平×2」「ロックンロールコメディショー」「魔族」「東京ペールワン」「KICK☆」「ZEN」。

 似顔絵(苦汚絵)コーナー参加予定の作家は、23日=「ピョコタン」「山田参助」「ドルショック竹下」「ヤスコーン」、24日=「ピョコタン」「のむらしんぼ」「坂本頼光」「林家楽一」「佐藤秀峰」。作家たちのオリジナルグッズも販売予定。

 「Tシャツ・ラブ・サミットの入場料で2日間ステージ見放題なのでとてもお得。歴史から映画、時事ネタ、アートなどさまざまなTシャツが販売されているので、販売会もぜひのぞいてほしい」とMUNEさんは話す。

 開催時間は、23日=11時30分~17時30分、24日=11時~17時30分。ステージ観覧料はTシャツ・ラブ・サミット入場料(2日間共通=300円)に含まれる。