食べる

御茶ノ水の日本茶レストランでお茶スイーツのイチゴづくし限定メニュー

「アフタヌーンティープレート」

「アフタヌーンティープレート」

  • 57

  •  

 御茶ノ水の日本茶を使った料理とスイーツを中心に提供する「レストラン1899 お茶の水」(千代田区神田駿河台3、TEL 03-3251-1150)は12月1日から、ほうじ茶や抹茶を使ったお茶スイーツのイチゴづくし新作メニューを発売している。

「いちごとほうじ茶の冬色パフェ」

 新作メニューは、静岡産のほうじ茶とイチゴを使った「いちごとほうじ茶の冬色パフェ」(1,700円)と、「アフタヌーンティープレート」(1,800円)。

[広告]

 「いちごとほうじ茶の冬色パフェ」は、ほうじ茶のプリンをベースに、福岡産の「あまおう」を使ったシャーベット、ほうじ茶チョコレートでコーティングしたバナナ、ほうじ茶のアイスなどを重ねた13層のパフェ。食感のアクセントとして、抹茶あられや玄米も加え、最後にイチゴとナッツ、ホワイトチョコレートを飾り付ける。ソースとしてほうじ茶カラメルソースを別添えする。

 「アフタヌーンティープレート」は、「イチゴとブルーチーズのオープンサンド」や「イチゴのみそ大福」「イチゴを使った抹茶と甘酒のおしるこ」「イチゴとチーズのほうじ茶ミニパフェ」「抹茶タルト」「濃茶アイス」など8品をワンプレートに盛り付けた商品。

 セイボリー(塩気のある軽食)には、蒸した茶葉とイチゴ、干し柿を白みそと合わせブルーチーズであえた「オープンサンド」と、同店オリジナルのお茶ソーセージをパイ生地で包み、からしと抹茶みそを合わせたソースを添えた「お茶ソーセージの一口パイ」を用意する。

 営業時間は、ランチ=11時~14時、カフェ=14時~16時30分、ディナー=17時30分~22時(日曜・月曜・祝日はディナーのみ休業)。2021年2月28日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース