食べる

神保町に海鮮系居酒屋「目利きの銀次」 卓上で焼く「濱焼」や漁師料理など

漁師料理などを提供

漁師料理などを提供

  • 24

  •  

 海鮮系居酒屋「目利きの銀次 神保町駿河台下店」(千代田区神田小川町3、TEL 03-5281-0988)がオープンして1カ月が過ぎた。

 居酒屋「白木屋」「魚民」「笑笑」などを展開するモンテローザ(武蔵野市)が運営する同店。店構えは磯の香り漂う海小屋をイメージし、木だるをモチーフにした客席や木札メニューなどを設置。客が卓上で焼く「濱焼」や漁師料理、全国の酒などを提供する。

[広告]

 「濱焼」のメニューは、「濱焼盛り合わせ」(1,188円、トッピングバター50円)、「ホタテ濱焼」(299円)、「活さざえ壺焼」(698円)、「活白はまぐり濱焼」(368円)など。

 「漁港直送 鮮魚の刺身」(498円)、鍋の「海鮮ガンガン焼」(1人前=698円、2人前から)、「じゃがバター ~イカの塩辛のせ~」(398円)、「しらすたっぷり漁師屋チーズせんべい」(598円)、「絶品!!かにミソ甲羅焼」(498円)、「名物 マグロカマの炙り焼き」(798円)、「子持ちししゃもの炙り焼き」(298円)なども提供する。

 テークアウト限定の「海鮮丼」3種と「十勝名物 豚丼」は500円で販売。特設サイトから事前注文と決済をすることで、店頭で待つことなく商品を受け取ることができるという。

 営業時間は11時~24時(金曜は翌3時まで)。