暮らす・働く

神田錦町の複合ビル「KANDA SQUARE」完工 住友商事が開発

「KANDA SQUARE」外観

「KANDA SQUARE」外観

  • 306

  •  

 神田錦町の複合ビル「KANDA SQUARE」(千代田区神田錦町2)が2月17日、完工した。

 東京・神田エリアでオフィスビル開発を軸としたまちづくりを推進している住友商事(千代田区)が手掛け、同社単独の不動産事業としては過去最大規模となり、「神田エリアの核となる大型開発」に位置付ける。

[広告]

 場所は、東京電機大学神田キャンパスと神田警察署の跡地。オフィス・商業ゾーン・ホール・貸会議室から成る地上21階地下1階建の複合ビルで、「高い防災・環境性能が特長」だという。

 5階から21階のオフィスゾーンは入居テナントがほぼ内定しており、3月から順次入居を開始する。1階の商業ゾーンには13店が出店予定。2階多目的ホール(最大1000人収容)、3階小ホール(最大210人収容)、貸会議室共に6月上旬にグランドオープンを予定。

 物件の周辺には、四季を感じさせる花木や落葉樹を中心とした1300本の樹木や水景と、2000平方メートル超の緑が多い広場を配置。地域住民やオフィスワーカー、神田の街を訪れる人たちがさまざまな使い方ができるオープンスペースも整備した。

 商業施設は、新しいコミュニティーが生まれるようなカフェ、レストラン、バルや、都市型スーパーマーケット、ベーカリー、コンビニエンスストアなどを集積。商業ゾーンは、「大人のこだわり」「新しいコミュニティーの場」がコンセプトで、「職人とともに伝統的な技術と新しいマテリアルや手法を組み合わせた空間」を演出。広場や街路樹のある通りに面してテラス席を設け、平日から週末までさまざまな人たちが使えるようにする。

 2階の多目的ホール「KANDA SQUARE HALL」は、約450平方メートルの防振遮音構造の空間で、映像、音響、照明機材を完備。最大収容人数1000人(スタンディング時)の音楽ライブや展示会、講演会などに利用できる。

 3階には、約200平方メートルの小ホール「KANDA SQUARE ROOM」や、4部屋ある貸会議室「KANDA SQUARE CONFERENCE」を設ける。物件の外観は「神田錦町」の地名に合わせ、「錦織」をテーマにデザインした。

 施設に、国内初となる電力ネットワークを活用したBCP対策用エネルギーサービス「プレミアムグリッドサービス」を導入している。非常災害時には、設置した大容量の非常用発電機から周辺ビルの神田スクエアフロントや、(仮称)内神田一丁目本郷通ビルへ電力の供給・融通が可能。災害時の帰宅困難者最大850人の受け入れ施設としても認定されている。

 住友商事は、2015(平成27)年完工の大規模オフィスビル「テラススクエア」や「神田スクエアフロント」の中規模オフィスビル開発など、神田エリアのまちづくりに注力してきたという。「今後も、オフィスビル開発を通じて、最新の性能を持つオフィス空間を提供するとともに、街に豊かな緑と賑わいをもたらす空間を創出し、神田エリアの新たな魅力を発信していく」と同社。