食べる

神田に辛シビ担担麺店「175°DENO担担麺」 四川の花椒などにこだわり

汁なし担々麺

汁なし担々麺

  •  
  •  

 辛シビ担担麺店「175°DENO担担麺神田駅北口店」(千代田区神田鍛冶町3)がオープンしてから、1カ月が過ぎた。

「冷し汁なし担担麺」

 四川料理技術と日本のラーメン技術を融合させたオリジナル担担麺「DENO担担麺」を提供する同店。四川から仕入れたシビれを生み出す「花椒(かしょう)」「青山椒(さんしょう)」などや、自家製ラー油、北海道食材にこだわるという。

[広告]

 北海道を中心に店を展開し、神田駅北口店は銀座店・新宿店・本郷店に続いて都内4店目。メニューは、担々麺(汁なし=900円、汁あり=950円)、黒ごま担々麺(同=950円、同=1,000円)など。温泉玉子・パクチーなどのトッピングや、ラーメン、ショウロンポウなどのほか、7月限定メニュー「冷し汁なし担担麺」(1,000円)も提供する。

 営業時間は11時30分~15時、17時30分~21時(土曜・祝日は16時まで)。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加