学ぶ・知る

神田錦町で遊びと学びのイベント 地元企業・学校など18団体が参加

身の周りにあるものを使って巨大なモニュメントを作り上げる共創遊戯場「くっつく・あそびば」

身の周りにあるものを使って巨大なモニュメントを作り上げる共創遊戯場「くっつく・あそびば」

  •  
  •  

 神田錦町の複合ビル「テラススクエア」(千代田区神田錦町3)をメイン会場に1月20日、「プレイフルストリート2019 ウィンター」が開催される。

イベント「2D/3Dポートレートをつくろう」

 子どもと親が一緒に楽しめる遊びながら学べる企画を多数実施する同イベント。神田エリアの企業や学校18団体が参加し、各社独自の切り口で企画を実施。さまざまな遊びを合わせることで、イベントを通して子どもたちの創造性を育むという。

[広告]

 2017年7月に第1回を開催し今回で4回目。主催は、神田錦町かいわいに事務所を構えるクスール、ミテモの2社と、千代田区神田錦町かいわいのまちづくりに関わる住商ビルマネージメント・街づくり事業推進室の3社で構成する実行委員会。

 開催イベントは、「2D/3Dポートレートをつくろう」「親子でフラメンコを踊ろう!」「目指せおうちバリスタ!はじめてのコーヒーを淹れてみよう!」「自分をってどんな人だろう??自分を考えるワークショップ!」「~キミのまちを守れ~『ポケドボ』カードゲームで遊ぼう!」「『森からのお届けもの』自然がぎゅっと詰まった“だし”で楽しもう」「新しい花火の楽しみ方『手のひら花火』体験会」など。

 身の周りにあるものを使って巨大なモニュメントを作り上げる共創遊戯場「くっつく・あそびば」、鉄道の持つさまざまな色彩を楽しむクイズ形式の鉄道の紹介や、鉄道ジオラマの走行体験、鉄道初心者のための鉄道車両紹介など展開する「色彩あふれる『鉄道ワンダーランド』」なども予定する。

 実行委員会の河原田さんは「最近は、経済産業省の『未来の教室』プロジェクトなどのようにテクノロジーを活用し、学びの在り方を変えようとするさまざまな取り組みが行われている。これらの動きに対して私たちは、『街』という観点から新しい学びを生み出したい。神田から発信する新しい教育のまちづくりをぜひ体験しにお越しいただければ」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加