食べる

神田に「串カツ新世界」-大阪名物「肉吸い」「串カツ」メーンに

神田駅西口にオープンした「串カツ新世界」。店頭には「ビリケンさん」が

神田駅西口にオープンした「串カツ新世界」。店頭には「ビリケンさん」が

  •  
  •  

 神田駅西口エリアに2月14日、「串カツ新世界」(千代田区内神田3、TEL 03-3257-4194)がオープンした。

 店舗面積7.51坪、席数はカウンター10席。立ち飲み用テーブル3卓も用意し、暖かくなれば外にも席を設置する予定。店頭に置く「ビリケンさん」は、「足をなでたら幸せになれる像」として親しまれている。

[広告]

 大阪名物の「肉吸い」(480円)と「串カツ」(30円~)をメーンにする同店。「肉吸い」は、肉うどんからうどんを抜いたような料理。具材は薄く刻んだ牛肉とネギのみで、関西風のシンプルな味付けで仕上げる。大阪では串カツと並ぶほど有名料理だという。

 ランチには、ご飯とお新香が付いた「肉吸いランチ」のほか、「チキン定食」「日替わり定食」(以上480円)の3種類を用意。大阪では肉吸いと生卵ご飯をセットで食べるのが主流であることから、「卵」(50円)もそろえる。ランチ時からでも、夜メニューの串カツをオーダーすることが可能。「アジ」「にんにく」「さきイカ」(以上30円)や、定番の「牛」「ハムカツ」(以上100円)など40種類以上をそろえる。「たい焼き」や、安納芋を使った「女子大学芋」(以上100円)などの甘味串も。串カツ以外には、築地から仕入れたマグロ、ウニ、イクラをのせた「刺し身盛」(並680円、特980円)なども提供する。

 ドリンクは、「生ビール」(450円)、「レモンサワー」(350円)、「ウーロン茶」(300円)など。

「大阪を知らない人にも食べてもらいたい。大阪人の方であれば、本場の味を思い出してもらえるはず」と店主の横手智さん。「神田の人は温かいなという印象。お客さま同士での交流もよく見られる」とも。

 営業時間は11時30分~24時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加