食べる

神保町に居酒屋「北陸 集らく」-北陸の家庭料理と地酒を提供

日本酒に詳しいという店長の角出大介さん「北陸の酒を飲み比べて」

日本酒に詳しいという店長の角出大介さん「北陸の酒を飲み比べて」

  •  
  •  

 神保町の東京パークタワー(千代田区神田神保町)に北陸の家庭料理と地酒を提供する居酒屋「北陸 集らく」(TEL 03-6273-7057)がオープンして間もなく2カ月になる。

 店舗面積は24.5坪、席数は45席。入り口には小ぶりなちょうちんを下げ、店内には日本酒の瓶や銘柄が入った前掛けを飾る。

[広告]

 店名の「集らく」は、北陸出身者だけでなくみんなに集まってほしいという思いと、田舎である加賀をイメージしてつけたという店主の鴨出太吉さん。石川県加賀市内で38年間飲食店を営み、心機一転東京へ出店した。

 単なる郷土料理店ではなく、ほっと落ちつけるような人情味のある居酒屋にしたいという。「北陸のばあちゃんが育てて直接送ってくれたシイタケや、向こうで揚がるハタハタなどの小魚をバンバン押していきたい」と話す。日本酒も富山、石川、福井など、北陸中心にそろえ、刺し身は能登の輪島港から直送する。

 鴨出さんの「おすすめ」は、ゼラチンたっぷりの「日本海 幻の深海魚 水ごろくの天ぷら」(780円)、日本酒に良く合うという北陸の郷土料理「サバの米糠(こんか)づけ」(680円)。ランチは980円で、その日の入荷に合わせて提供する。客単価は夜3,000円程度。

 営業時間は、ランチ=11時~14時、ディナー=17時~23時(土曜はディナーのみ)。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加