暮らす・働く 学ぶ・知る

マイナビで「ぼくらの福岡クリエイティブキャンプ」説明会-クリエーター対象に

9月3日に行われた「ぼくらの福岡クリエイティブキャンプ」キックオフイベント

9月3日に行われた「ぼくらの福岡クリエイティブキャンプ」キックオフイベント

  •  

 マイナビ本社(千代田区一ツ橋1)で10月11日、「ぼくらの福岡クリエイティブキャンプ トライアルワーク受け入れ企業説明会」が開催される。

 「ぼくらの福岡クリエイティブキャンプ」は、福岡市のIT・コンテンツ企業への転職と同市への移住を検討するクリエーター・エンジニア向けに2カ月間のトライアルワーク(体験就業)をするもので、受け入れ企業のほか福岡への移住経験者も登壇する。

[広告]

 福岡には「妖怪ウォッチ」の家庭用ゲームソフトを制作するレベルファイブなど、IT・コンテンツ企業が集まる。また、来年にはLINEの自社ビルが竣工し、東京・渋谷に次いで国内第2の拠点となる予定。昨年、政府が策定した「国家戦略特区」の一つとして「グローバル創業・雇用創出特区」(創業特区)にも福岡市が選出されており、起業や新規事業の立ち上げが期待されている。

 そのため、雇用面におけるクリエーター・エンジニアの需要も高まっており、福岡市は企業と移住希望者のマッチングを目的とした同キャンプを実施。定住する前に2カ月間、市内に生活し企業で実際に働くことで、福岡での仕事をより実感しやすくするというもの。9月にスタートしたプロジェクトだが、すでに参加を決めた人もおり、受け入れ企業は「博多経済新聞」を制作する九州インターメディア研究所やGMOペパボなど17社となっている。

 今回の説明会は4部構成で、1部・4部で市担当者、受け入れ企業担当者からプロジェクトの概要や業務などについて説明する。2部は「【職の部】今、福岡でつくるということ~どうして人気? クリエイターに選ばれる理由~」、3部では「【住の部】移住者が語る生活のコツ~ぶっちゃけ福岡移住、どうですか?~」と題し、福岡に移住し働くクリエーターらが登壇。質疑応答で、参加者が持つ疑問にも答える。

 「9月3日にキックオフイベントを開催したが、反響が大きくうれしく思っている。移住を検討する方は仕事があるのかといった不安もあるかもしれないが、受け入れ企業も増え続けており、どんな企業・仕事が福岡にあるのか肌感覚で実感してほしい」と福岡市企業誘致課の山下龍二郎さん。「今、福岡を拠点としたSOHOは増えていて、『南のコンテンツバレー』として注目が集まっている。その理由をしっかり伝えたい」とも。

 開催時間は13時~18時。参加無料。オフィシャルサイトで参加申し込みを受け付ける。