食べる

神田の立ち飲み焼き肉店「六花界」が5周年-極狭空間で出会いも

利用者はしちりんを共有して肉を焼く

利用者はしちりんを共有して肉を焼く

  •  

 神田駅東口ガード下の立ち飲み焼き肉店「六花界」(千代田区鍛冶町2、TEL 03-3252-8644)が7月15日、5周年を迎えた。

同店が入居する前はチケットセンターだった

「開店当初は、こんな店がはやるわけないと言われたことからめげそうになったこともある」と話すのは店主の森田隼人さん。周りの店の人からも「もって半年」と言われていたという。

[広告]

「飲食店はまず食材。肉の仕入れは直接牧場に掛け合った。ホルモンの鮮度は群を抜いていいし、日本酒はどれでも400円。さらに楽しかったら絶対にいつかはお客さんにも分かってもらえると信じて店を開いた」と開店当初を振り返る。

 わずか2.2坪の狭い店舗のため、利用客同士のコミュニケーションが自然と生まれる同店。いつのまにか仲良くなり付き合い始めることも多く、いつしか「出会える焼き肉店」としてテレビや雑誌に取り上げられるように。5年間でカップル90組が誕生し、うち12組が結婚したという。

「何より狭い店なので、お客さまに全ての話を伝えられることが幸せ。神田かいわいの名物店として、これからもスタッフ一同頑張っていきたい」と意気込みを見せる。

 営業時間は17時30分~24時00分。日曜・祝日定休。