見る・遊ぶ

神保町・小学館ビルの漫画家108人による「落書き」、ウェブで公開

サイト「ありがとう! 小学館ビル ラクガキ大会」で公開されている「落書き」。写真提供=小学館

サイト「ありがとう! 小学館ビル ラクガキ大会」で公開されている「落書き」。写真提供=小学館

  • 0

  •  

 小学館(千代田区一ツ橋2)は9月30日、「小学館ビル」取り壊し前に小学館ゆかりの漫画家たち108人により描かれた「落書き」を、同社サイト「ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会」で公開を始めた。

 同ビルとのお別れで、漫画家たちにより壁や窓に描かれた「落書き」はネット上で話題となり、8月24日・25日に一般公開された際には2日間で8000人を超える来場者があったという。

[広告]

 落書き大会は、「週刊ビッグコミックスピリッツ」の編集部が中心となり漫画家に声を掛け、浦沢直樹さん、藤子不二雄Aさん、島本和彦さん、ゆうきまさみさん、藤田和日郎さん、浅野いにおさん、池上遼一さん、河合克敏さん、高橋留美子さん、冬目景さん、武論尊さんなどが参加した。

 同社漫画情報サイト「コスミン」では「ラクガキ大会」の開催経緯や当日の模様、参加した漫画家たちの感想などを紹介している。